メルマガの一部になります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

お世話になっております。
フルアヘッドリラックスです。


今回のメルマガは普段と違い
陰陽師で有名な安倍晴明氏をリーディングしてみました。

リーディングですが
当サロンでは通常アカシックレコードリーディングは
ご依頼者の名前、生年月日、住所などでおこないますが

今回の安倍晴明氏はアカシックレコードリーディングではありません。
依頼者の過去世でもなく何百年も前に亡くなっている方の魂(人生)を直接視るため
ロストソウルレコードリーディングです。
HPやブログにも臼井氏や林氏が教えていた靈氣(レイキ)
の一部を記載していますが
ロストソウルレコードリーディングになります。

 

このリーディングをおこなう前に晴明氏の詳細などを一切調べておりません。
調べておこなったりしてしまうと先入観が入り
リーディング後に照らし合わせることができないためでもあります。
ちなみにリーディング後にウィキペディアをみました。
両親の名前が不明のようですがリーディングでは両親の名前は分かりました。
ウィキペディアには師事した方や子どもの名前などはあり少し安心できました。
もちろんウィキペディアの情報が全て正しいとは思ってはいませんが
私たちはリーディングした内容は一致しているのではないかと思っております。
アカシックレコードの管理者からも一致していると言われましたので。


ブログにも記載していますが
地球上には
文献がないわけですし
アカシックレコードはエネルギーでできています。
上(天上界)から取り寄せることはできませんし
カタチあるものなどをみて
確かめることができなければ
新説などとしては認められないでしょうし
世間が信じなくても
私は歴史が好きなので
新しい説がでてくれば嬉しいのです。
アカシックレコードで視たこと
書いてある事柄が認められることはないでしょう。


信じる信じないは自由です。
頭の片隅にでも置いといていただければ良いです。


アカシックレコードと繋がれる方で
エネルギー容量が高ければ視ることができると思いますので
挑戦してみるのも良いと思います。

 

☆安倍晴明リーディング☆
父親 聡明
母親  メルマガには名前を記載しております
子   メルマガには名前を記載しております


幼少時代
聡明と●●●の間に男子が産まれ
両親ともに喜んだのでした。
父親の仕事は宮廷使いの陰陽道の助手であり
晴明は父親の仕事にとても興味があり
よく父親が陰陽道の勉強をする際には必ず同じ部屋に座って父親の姿を見ていたのでした。

 

そして晴明が10歳を迎えた時に父親から言いわたされた言葉が
『陰陽道は一日にしてならず
少しずつの鍛練が己をつくり精進していくので
毎日鍛練を少しずつでいいのでおこなっていきなさい。』
と言われその言葉を常に心がけていき
その言葉は晴明が死ぬまで思い続けた言葉だったのでした。
父親から言われた言葉を胸に秘めその日から毎日のように
父親と一緒に修行を始め
晴明が元服したと同時に独り立ちをして先ずは父親の助手をはじめたのでした。
その際父親を師としようと父親に話したのですが
私より優れている師が必ずいるので私は師ではなく父親として接してほしい。
と晴明に話したのでした。
晴明は確かにその方が今後良いのだろうと思い
父親の意見に同意し師ではなく父親として接していったのです。

 

そして父親と一緒に家業の陰陽師をおこなってきたのですが
晴明が30後半に父親が亡くなり気が落ち込んでいたのですが
2~3年たった頃から
このままではいけないと立ち上がり
今度こそきちんと陰陽道を学ぶ為に師事する人を決めて学び直すことに決めたのでした。
そして同時期に今までの功績を認められて
天皇に占いを命ぜられたのです。
このままではいけないと思い
以前から晴明は禍々しいものを視るのに長けていた為に
父親の師でもある賀茂忠行氏から弟子になるよう勧められていたのもあり
この事をきっかけに師事したのでした。


リーディングは以上となります。

上記のリーディングは一部ですが
ロストソウルレコードリーディングは莫大なエネルギーと時間を使います。
きみかも
まだまだエネルギー容量が足りません。
瞑想の重要さを改めて実感したようです。
常に修行です。



※現在メルマガの発行は
当サロンのアカシックレコード講習を受講済、受講中の方のみです



※安倍晴明リーディング内容ですが転載しないようにお願い致します。