龍体文字 フトマニ図
龍体文字 フトマニ図★.JPEG

龍体文字と言えばフトマニ図だと思いますが
龍体文字(フトマニ図)について少し書いていこうと思います

上記の表に伝授者伝授者.jpgとあると思いますが
人.JPEG伝授された人物について

摩出乃大見上彌琴
(マデノオオミカミノミコト)です

別名
宇摩地阿是譁備備古遅神
(ウマジアシカビビコチノカミ)

 古事記では
ウマシアシカビヒコヂノカミと書かれているようです

少し異なるようです

【ヒコヂ】は男性を表す語句とのことですが
ウマジ/アシカ/ビビコ/チノカミ
です

 
摩出乃大見上彌琴は
占星者であり祈祷師です

ここから先(摩出乃大見上彌琴について)は
講習などでお伝え予定です


◆フトマニ図について

フトマニ図は龍体文字を知っている人ならば
説明は不要と思いますが
多くの人に知られている龍体文字ですが
フトマニ図は1つではありません

当時は3つありました


なぜ3つのフトマニ図があったのかというと
人に相性があるようにエネルギー(龍体文字エネルギー)
にも相性があるためです

水を例にしますと
硬水との相性が良い人
軟水との相性が良い人
炭酸水が好きな人
天然水が好きな人
様々だと思います


薬を例にしますと
A薬は効果がある
B薬は効果がない
様々だと思います

龍体文字も同じで
1つ目の龍体文字と相性が良い人
2つ目の龍体文字と相性が良い人
3つ目の龍体文字と相性が良い人

できるだけ多くの人のため(幸福のため)になるようにと
龍が考え龍体文字は創始されています

3つ残っていなかったのは残念ですが
1つでも納められていて良かったです

◆簡単に残りの2つについて説明します
・龍体文字のフトマニ図ですが
皆さんが知っている・使用しているものは
2つ目(B)になります。

・フトマニ図は3つありますが文字は同じです
文字の組み合わせが異なります
 


龍体文字フトマニ図A完.JPEG
龍体文字フトマニ図Aです。
このフトマニ図Aですが失われた龍体文字フトマニ図の一つです。
最初に龍から伝えられたフトマニ図でもあります。
興味がある方は講習も可能です。
お問い合わせください。

龍体文字本B★完金.jpg
龍体文字フトマニ図Bです。
このフトマニ図は龍体文字を知っている方ならば
知っている有名なフトマニ図です
フトマニ図を知らない方は【森美智代氏の著を参照】

上記のフトマニ図Bですが
森美智代氏の著のフトマニ図とは少しだけ異なります。
少しだけ異なるだけなので問題はないです。
当方が調べたフトマニ図は約5500年前まで
さかのぼって記したものです。
さらにダブルチェック?ではないですが
その当時授けた龍とも繋がって確認し記したものとなります。
異なる点ですが、真ん中のマークが少し異なります。
その他は、止め・払い・そらし・空間が異なったりしているだけです。
人により少しの差(止めや払いなど)で

エネルギーが変わる人もいるかもしれません。

龍体文字は各々の時代に
【一人のみしか使える人がいなかった】と
一つ前のページ
りゅうたい文字2021m.pngで説明していますので
読まれていない方は一度ご覧ください

当サロンの龍体文字講習では
多くの方が龍体文字を上手く
できるだけ当時のように
龍体文字を
扱えるような講習を考えています。


龍体文字は龍体文字エネルギーはある意味
特別な文字で
特別なエネルギーです。

ただ文字を知っているだけでは
上手くは使えないのです。

龍体文字講習.JPEG

感想背景650.jpg

神代文字202112.png

りゅうたい文字2021m.png

遺跡 古墳調査845.jpg